読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たれながし

なんかあれだ、ダダ漏れとかそんなレベルじゃない、なんか色々ヤバイ、マジヤバイ

ぼっちとして生き残る為に、ブログを書きましょう

The Revolution Will Not Be Jacked-in - 青色2号
http://d.hatena.ne.jp/murashit/20100802#1280724672

まずむらしっと先生(id:murashit)のエントリを貼ったところから始まりました。ではみなさん、ここにはじめてのそれなりのエントリを書きたいと思います! そう、ブログは書かねばならないのです、書かねば意味がないのです。


世には、リア充とぼっちという対立項が(私的には、更に似非リア充混ぜての三すくみ状態が正しい状態だと思う)ありますが、こんなブログを読んでいる貴方はきっとぼっちサイドの人間なのでしょう!(ひどい決めつけ) むしろリア充がこんな辺境のブログを読んでいる訳がない! 俺の妹がこんなにヤンデレな訳がない!(関係無い) 前振りが長かったですがつまりは、ぼっちならばブログを書こう! ということが言いたい訳です。リア充からのネットサービスへの侵略から己を守るには、己のサイバースペースを確保するのが一番利口であると、私はここに提唱します!


それにしてもこの私の文章、はてダと比べるまでもなく、文章がぼろぼろだったり、繋がりがおかしかったり、もう色々とダメな発想をしていたりするのですが、それもこれも「たれながし」だから! そう脳内のすべてをはてなブログにそのまま直にたれながしてしまえばいいのです!!1 というか現在11時半の眠気ふらふらの目ショボショボの体クタクタの相当満身創痍の状態で書いてるのですが、こういう状態こそ、文章に魂がやどるのです!! と私らしくないことでも言ってみたり。


話を戻すと、リア充vsぼっち戦線において解決法は二つあり、ひとつはコミュニタリアンが好きそうな「コミュニティの流動化」があり、これははてダのブログにて書くつもりの『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』に対する簡易的な批判のエントリで述べるとします。そしてもう一つは「非干渉のスペースを形成」することであり、これがザックリいえば「ブログを書く」ことなのです!


「えー、今更ブログなの?」と思う方もおられると思うのですが、今更だからこそのブログなのです。今更だからこそリア充に侵略される可能性が極めて低い! ぼっちがぼっちでありぼっちであるがゆえのぼっちのためのブログなのです!!また人間が生きていく為には、どうしても承認欲求が必要となってきます。その理由を説明するのはめんどくさいんで端折りますが、とにかくぼっちの最終戦線において、生き残る為には自衛策が必要で、その為のブログなのです! 株式会社はてな万歳!(はてなから見たらハタ迷惑だけどな)



「でもむらしっと先生もリア充だと思うんだよお兄ちゃん」
あああうううううっっ!!!! そ、それを考えてなかった。そうか、敵は思わぬ所にいたのだ!!!! 自転車で各地を回り、その土地土地のワイフたちとリア充ライフを送るイケメンリア充のむらしっと先生にサイオー=ホースあれ!